読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「ブランド」は行動に落とし込むことで文化にできる可能性がある

今回の内容 [:contents] *** 1:はじめに 「ブランド」について、現代では一般的に使われる言葉だけど、明確に定義するのが難しく、十人十色の認識になる言葉のひとつだ。 そんなブランドについて、興味深い事があったので、残しておく。 2: 「ブランド」とい…

歓送迎会での突然のフリ(指名)への対処方法

今回の内容 1:はじめに 2: 断る場合でも耳目を集めているわけで・・・ 3: ならばネタはどうする?準備の心得 4: 話すネタの考え方 *** 1:はじめに 集団に属していると歓送迎会などで、某か要求されることがあるかもしれない。 例えば、一発芸やスピーチだ。 …

「信用補完/Credit Enhancement」という考え方

今回の内容 1:はじめに 2: 信用補完とは 3: 「信用」という考え方 4: 場に合致する信用補完が必要 *** 1:はじめに SNSってやっぱりいいな。 だいぶ前に読んだ対談記事がTwitterのタイムラインに上がってきていて、読んだところ新たな発見があった。なんと201…

認識していない「べき論」/ 「アンガーマネジメント」

今回の内容 1:はじめに 2:「怒り」への関心 3:「怒り」の源泉 4:「べき論」のズレを知る *** 1:はじめに ここ数年、企業内のハラスメントや子供を抱える親のサポートの観点から、「怒り」を管理する、「アンガーマネジメント」という考え方が注目を集めてい…

「キツいフィードバック」しかできないひとっているよねー

今回の内容 1:はじめに 2:目的は「相手の行動」を変えること 3:「行動」に焦点を当てる 4:キツいフィードバックをするひとへのフィードバックは? *** 1:はじめに ひとは他人との関わりの中で生きている。 その中で、何がしかのフィードバックのやりとりが発…

嫌なヤツも集団の中では味方かも

今回の内容 1:はじめに 2:影響力の程度が違う 3:絡み合う影響力 4:私はなるべくそのままにする *** 1:はじめに ひとが集まれば、中には「このひと嫌だなー」と思うひとが出てくる。 でも「昨日の敵は今日の友」というように、嫌だなと思っていたひとが頼もし…

「面倒をみる」ということは?

今回の内容 「面倒をみる」必要がある? なぜ「面倒をみたい」と思ったか? 自身の心の叫びに耳を傾ける場合 外からの圧力で決めた場合 「面倒をみる」と決める前に考えておくこと 「面倒をみる」ということ *** 「面倒をみる」必要がある? 「あのチームは○…