書くコメントでその内容に対する認識度合いがわかる?!

今回の内容

 ***

 

最近、News Picksというサービスを使ってニュースを読んでいるんだけど、このサービスが興味深いので書いておこうと思う。

 

News Picksのおもしろさ

2015年春まで、紙の新聞を購読していたのだけれど、生活サイクルの問題で、新聞を週末まとめて読むという習慣がついてしまったため購読をやめた。

購読をやめるに際して、情報が入ってこない(と思われる)ことへの懸念があったものの、週一で読むのであれば週刊誌で十分ではないかとの気持ちもあり、新聞→「週刊誌+Webニュース」へと移った。

2015年春から情報収集方法が新聞以外になったけれど、半年以上たった現在、それほど大きく困っていなーという感じ。ならば、新聞の週末まとめ読みレベルであれば、新聞以外からの情報収集でも問題ないという結論に至っています。

 

そんな中で最近知ったのが、News Picksというニュースおまとめサイト

News Picksのユニークなところは、ニュースごと一般ユーザがコメントを入れることができるということ。

それが結構面白い。

 

他人のコメントから思うこと

他人のコメントってとてもおもしろい。知ってました?例えば以下のようなことです。

  • 大衆の、記事に対する認識度合いがわかる
  • 記事ではなくコメントから「へー」と思うことに出会うことができる。
  • 一般的な意見がどこらあたりになりそうか、その所在がつかめる

 

「大衆の、記事に対する認識度合い」についてですが、本人がその記事に対して理解が深いほど、他人のコメントからその人の思考の深浅がわかるんですよ。

私の場合はシリーズになっていた以下の記事について知識と経験があるんだけど、そこに掲載されたコメントでそのことに気付いた。

newspicks.com

この一連の記事に対する各氏のコメントを読んで、本分野の考えや経験の浅い人たちのコメントがとても薄っぺらい、もしくは独りよがり(=レベルが低い)ということを感じたのね。つまり、他人のコメントに対して「レベル感」を感じることができるということは、一方で自身がその内容に対して知識や経験があるってこと。いいことじゃない?

逆もまたしかりで、私がコメントする際に「レベルが低いコメントをしている可能性が高い」ということか。天狗にならないよう、注意が必要です。

 

他に、他の人たちのコメントから、記事をより深く理解するための補助知識を得ることがある。それはメリットだと思う。News Picksの記事は必ずしも優秀な記者が書いた記事ではない。くだらない記事もあるし、内容(情報)が不十分な記事もある。そんな中、ユーザがコメントする内容が、記事の内容を補完していることが多々あって、「なるほどなー」と感じる。

 

また、コメントが多くなるほど、そのコメントを読むことで、記事に対する一般的な意見がどこにあるかあたりをつけることができるというメリットもあるかなーと。

非常に興味深いです。

 

自身の意見に対する反応から思うこと

SNSをやっている人のほとんどが同意見だと思うけど、いわゆる「いいね」がつくのは嬉しい。

「いいね」はSNSの醍醐味だと思う。やはり「受け入れてもらえた」と感じるのは嬉しいし、それがFacebookのように「知り合い」ではなく、知らない人から得た「いいね」は、認めてもらった感じがより強くなる。

自分の意見に対して反対意見をもらうことがあるかもしれない。反対意見は自分の中に不協和音を起こさせる。でもそれがきっかけとなって更に考えることになれば、思考は深まっていくだろうと思う。

何にせよ、自身が発信することが大事なんだと思うのだけれどどうだろう?

 

ほなまた!

 

 

広告を非表示にする