読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

所属先によって変わる職種の価値基準

働き方

今回の内容

 


***


1: 業界によって「職種の価値」が変わるという事実

営業、弁護士、データサイエンティストetc、職種はいろいろあるけど、転職経験がないひと、もしくは転職していても同業他社に転職したひとだと、気付かないことがある。


それは業界によって職種の価値が変わるということだ。

 

ここで言う「価値」は何で判断するかというと、「年収」で判断だ。

つまり、同じスキルをもった「わたし」は、働く会社が違えば、年収に違いが出るということを意味する。

 

例えば、ある職種の絶対人数が少なくて、でもニーズがあるなら、そのスキルを持つひとの価値は上がる。

 

(2016年1月時点で)システム系、分析系の技術者は、全業種で需要が高まっている反面、人材が少なく供給が足りていないようだ。その結果、年収を上げるチャンスがある職種になっている。


これは、マーケットの需要と供給のバランスによって、職種の価値が変わるということだ。

 

そのことを頭でわかってるひとはたくさんいると思うが、実感としてわかっているひとが少ないのは、日本の転職率の低さだろうなと、わたしは想像している。

 

 

2: 仕事に対する考え方を変える

たぶん山一証券が潰れたあたりから、「大企業も潰れるんだ」と認識するひとが出てきた。

今は、シャープが変で、ソニーもおかしくて、東芝も変なことやってて、リストラや事業売却がすすむ。(2016/1現在)

 

そう、つまり最初に入った会社が無くならないという補償はなく、無くならなかったとしても、そこで定年まで働くことができるという保証は無い。リストラや自社が売却されることはもはや身近なできごとと認識したほうがよい。

そのように自分の中に持っている前提を書き換える必要があるということだ。


前提を書き換えたら、次はどう考えたらいいのか?それは、

 

いきなり転職マーケットに放り出された場合、自分は売れるのか?

 

と自問してみることだ。

「問題ない」と言えるなら素晴らしい。

しかし仮に「問題ない」と言えない場合、ひとはどのようにしたら、どのように考えたら、「問題ない」と言えるようになるのだろうか。

 

ひとつのヒントとして、わたしの意見は、次の質問に「Yes」と言える状態になれば、何か道が見えてくる可能性が高い。


わたしは他の会社に変わっても、そこで貢献できる価値を持っている人材か?

 

「価値」は冒頭で書いた年収で考えたらよい。転職ができた場合、年収を下げることなく、逆に年収を上げる転職ができる自分か?ということだ。

 

この問いに回答するためには、自身の仕事におけるスキルと経験を棚卸し、可視化する必要がある。

 

ashian.hatenablog.com


上記でも書いたけど、働く場所は大切な要素ではないとわたしは考えている。そのため考え抜いた結果、転職することにした場合、いくつか注意した方が良いことがある。

 

 

3: 業界によって異なるスキルの価値

転職した場合、転職前と同じ年収かもしくは低い年収だと、転職リスクが高まる。

転職リスクとは、転職したがすぐにその職を辞さなければならなくなる、というリスクだ。

転職すると、当然ながら、新しい職場には自分の性格を知ってくれているひとがいないので、一から関係を築く必要がある。他に以下の問題が考えられる。

 

  • 成果を出して認めてもらう必要がある
  • 自分が苦手なタイプのひとがいる可能性がある
  • 業務を覚え直す必要がある
  • 仕事をうまく進める上で社内のキーパーソンを探す必要がある

 

これらは乗り越えることがてきなければ、最悪の場合その職場を早期に去らなければならなくなる。年収は増やさないとリスクをとる意味がない。

※サラリーパーソンから大工になるために弟子入りした、などは別の話

 

別の視点としては、転職マーケットにおいては、市場原理が働くということがある。

「スキル」は、その「スキル」を持つひとが多い業界では年収が低くなり、その「スキル」を持つひとが少ない業界で、かつニーズが高い場合は年収が高くなる。

 

例えば、製造業でデータを加工・分析できる年収600万円のひとは、コンサルタント業て年収700万円になる場合がある。
コンサルタント業で年収700万円のひとは、金融業だと900万円以上の年収になる場合がある。
やっているスキルは変わらない。需要と供給の問題だ。

 

転職を考える場合、このような視点を持って考えてみるのもいいかもしれない。

なお、参考まで、以下のエントリーも。

 

ashian.hatenablog.com

 

 

ほなまた!

 

 

広告を非表示にする