読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2016年1月-3月のTVドラマ

TVドラマ
今回の内容

 
 
 ***


1:はじめに


この冬も面白いTVドラマが多い!

と言うことで、この冬の録画確定TVドラマについて書きます。


2:この冬の録画確定作品

この冬も、昨年秋に続き、録画確定作品数が多い。土日が忙しい!

(継続)
(新規)
  • 『怪盗山猫』
  • 『フラジャイル』
  • 『お義父さんと呼ばせて』
  • 『ナオミとカナコ』
  • 真田丸
  • ヒガンバナ
  • 『私を離さないで』
並べてみると10作品かー。


3:それぞれの作品の好きなところ

継続の3作品は安心感がある。

あさが来た』は明治時代中期に入り、主人公の家業が変化してきていて、各キャラクターも年を重ね、人間関係が面白い。

当時の店構えがドラマの中の通りかはわからないけど、そう信じてみると、時代と風俗の移り変わりも面白い。


科捜研の女』は、相変わらず様々な科学的手法が出てくるので、それを観ているだけで楽しい。


相棒』は、今シーズン、これまでにないくらい窓際感が漂っていて、雰囲気が違うので面白い。


新作についてはこんな感じ。

怪盗山猫』は、大塚寧々さんが好きということもあるけれど、第1話の広瀬すずさんの、亀梨さんとのやり取りで感情を爆発させる演技がすごくよくて、引き込まれた。

広瀬さんについては、姉の広瀬アリスさんが2015年秋の『釣りバカ日誌』で良い演技をされていて、すずさんのことも認識した。


フラジャイル』は、長瀬さんの演技が以前やっていた『クロコーチ』と同じで懐かしい感じ。
このドラマは医療系だけど、『科捜研の女』と同じくデータから事実を明らかにするという切り口で、とても好きな作り方。


お義父さんと呼ばせて』はキャラクターのバランスが上手い作品で、90年代トレンディードラマの雰囲気を感じる。懐かしいー!


ナオミとカナコ』は第1話の後、二回分をまだ観れていない。
録画を決めたのは、内田有紀さんのDVされる妻の演技が上手だと思ったこと。


真田丸』については、初回から面白いと思った。一般的に大河ドラマは幼少期を第1話に持ってくる認識だったけど、最初からとばしてる。
武田勝頼役の平岳大さんがいい雰囲気を出していた。


ヒガンバナ』は特殊能力系のドラマ。好きな壇れいさんが出ている。堀北真希さんとのやり取りも面白い。
堀北真希さんのドラマで最後まで観るかもしれない、初めての作品。


私を離さないで』は『ナオミとカナコ』同様、第1話から録画を観てない。謎が深そうで楽しみだったから録画を決めた。


4:2015年秋から豊作

2015年秋シーズンから豊作のTVドラマ。何かテレビ局に変化があったのかな?

あ、「豊作」は「わたし好み」という意味。視聴率はわからないから、万民ウケするとは思わない。
何作品かは録画確定に至らなかったし。

三月まで、土曜日はほぼ、録画視聴でつぶれる。あー忙しい、忙しい!



ほなまた!
広告を非表示にする