読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2016年7月のTVドラマ

今回の内容

 
 
 
 ***
 
 

1:はじめに

7月も中盤になるとドラマがある程度でそろってくる。
今回もドラマ数が多いので7月は大変だー。
※タイトル後の○は録画、×は録画しない⁼「観ない」の意味
  • 『神の舌を持つ男』×
  • 時をかける少女』○
  • 『好きな人がいること』×
  • 『ON 異常犯罪捜査官』○
  • 『家を売る女』○
  • 『女たちの特捜最前線』×
  • 『営業部長 吉良奈津子』×
  • 『グラメ』○
  • 『HOPE』×
  • 仰げば尊し』×
  • 『はじめまして、愛してます』○
  • 『ヤッさん』○
 
(継続)
 
 
それぞれみていこう。
 

『神の舌を持つ男』

 
キャストは大好きなのだけど、狙っている笑いやボケのところが、どうもわきの下をすり抜けていく感じで惜しいと思う。
 
木村さんと佐藤さんを中心とした、ボケツッコミは、木村さんが長いセリフをまわしていてすごいし、佐藤さんのボソッ突っ込むのもタイミングがいい。
だけど木村さんのボケの内容が、狙いすぎていてしらこい。
致命的なのが、主人公向井さんの特殊技能の使い方に、初回からインパクトを出せなかったこと。「神の舌」はどれくらいすごいのか、伝わってこなかった。
 
「謎の芸者さん」も「謎」というほどではなく、追いかけ続けるメリットがあまり伝わってこなかった。
 
キャストの人気で視聴率が稼げるか?という感じに思えた。残念ながら録画対象にならず。
なお視聴率は、番組が終わった時点で7%台と予想。
 
 

時をかける少女

 
懐かしい感じがする作品。
高校生を中心にしたドラマは、必然的に若い俳優さんが多く出るので、「がんばっている感」がいいのよね。
 
「今のドラマに未来のドラマを背負う俳優が隠れている」
 
主役の黒島さん、『マッサン』に出てたのかー。気づかなかった。くっそー!悔しい。
キャストは充実の布陣で、ひろがるかなーと期待。
脇を固める竹内さんと菊池さんを加えた3人の若手俳優の皆さんが飛躍してくれることを願う。
 
録画組へ。
 
 

『好きな人がいること』

月9は嫌いなので期待していなかったけど、これまた懐かしい感じ。ラブコメか?。

若い俳優さんが中心の恋愛ドラマは久しぶり。

桐谷美玲さんの細さ(腕)が細過ぎて、人として心配なのだけど大丈夫だろうか。

桐谷さんの後輩役の俳優さんが、『とと姉ちゃん』で主人公の学友あやさん役をしているひとだったので、ギャップが面白かった。

若干、三浦さんの「全部わかっているからね」目線の設定が個人的には嫌い。

 

ひょっとして原作は少女漫画か?と調べたけど「オリジナル」と書いているひとがいた。不明だけど。

一応、録画組へ、と思ったけど、この後に開始したドラマがまさり、やめ。

 

 

『ON 異常犯罪捜査官』

 

これまたキャスト充実の布陣。SMAP草薙さんの『スペシャリスト』と同様の過去犯罪データを記憶した主人公だけど、刑事になった理由に問題がありそうなところが、現時点では期待させる。

「殺人者に会いたい」らしく、そこには好奇心があるみたい。

録画組へ。

 

 

『家を売る女』

不動産販売をメインにしたドラマは記憶にない。
主人公の北川さんは、昨年秋の『探偵の探偵』と同じようなトーンで暗い感じの役どころ。
こちらも若手俳優で脇を固める形で作られていて期待している。
ただ今後、どのように展開させるかがわからない。家を売るということにどれだけストーリー性を持たすことができるか、脚本家の腕の見せ所だと思う。
録画組へ。
 
 
 

『女たちの特捜最前線

 
二時間ドラマからのシリーズ化。
ここ3年くらいか、このパターンのドラマが出てきている。
 
事件解決に二時間かけていた内容を一時間に短縮してるので、無理がある。
二時間必要な構造の作りなのです。
 
悪くはないけど、選択しないといけないので、録画はなし。
 
 

『営業部長 吉良奈津子』

 
他のサイトでも書いてる人がいたけど、『半沢直樹』っぽい感じ。
視聴者の期待を裏切ろうとする作りが裏目に出ているような感じのドラマ。
サイトをみたら、どうやら脚本はドロドロ昼ドラの脚本家らしく、どおりでわたしには合わないと思った。
ベビーシッター役の伊藤歩さんの奇行が挿入されているけど、あれはいらないな。
 
録画はなし。
 
 

『グラメ』

 
滝藤さんがいい雰囲気を出している。
今回の横綱候補
 
三宅さん、このところよくお見かけする。
「いいヒト」枠を押さえてるなー。
 
ところでなんで23時枠だったんだろう?
 
録画決定。
 
 

『HOPE』

 
フェアリー男子が出てたけど、主役のジャニーズのひとは、何か好きになれない。
以前、2時間ドラマで元バレイダンサーの刑事役(主役)があったのだけど、(わたしにとっては)それ以来の登場。
それ以上に内容が面白くない。設定が悪いと思う。15分もたなかった。
 
録画はなし。
 

仰げば尊し

 
一話をみた感じだと面白そうなんだけど、録画はなし。
学園もので将来を期待される俳優がたくさん出ているのだけど、残念ながら、ドラマが多くて予選落ち。
寺尾さんは『軍師官兵衛』で確か徳川家康をやっていた。それ以来だけど、いい雰囲気を出されていると思う。
 

『初めまして、愛しています』

 
心理戦が繰りひろげられている第一話だった。
それぞれ葛藤を抱えているような雰囲気を出していて興味深い。
特徴があるような内容ではないのだけど、次も見たいと感じたので録画決定。
 
 

『ヤッさん』

 
よくわからないのだけど、ライトな感じで次もみてみようと思った。
すぐに落ちる可能性あり。
とりあえず録画。
 
ということで、この夏はドラマが多くて選択に困った。
 
 
ほなまた!
広告を非表示にする