読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2016年7月のTVドラマ その2

TVドラマ

今回の内容

 
 
 
 ***
 
 

1:はじめに

 
シーズンごとに視聴しているTVドラマについて記録しているが、今年の7月は当初の予定から大きく変わったので、そのことを記録しておく。
 
7月の予定は以下。
 
 
 
 

2: 視聴予定→視聴結果

 
7月の予定が左で、「→」矢印の右が結果。なんと、4作品が変更。
 
※タイトル後の○は録画、×は録画しない⁼「観ない」の意味
  • 『神の舌を持つ男』× → ×
  • 時をかける少女』○ → ×
  • 『好きな人がいること』× → ×
  • 『ON 異常犯罪捜査官』○ → ○
  • 『家を売る女』○ → ×
  • 『女たちの特捜最前線』× → ×
  • 『営業部長 吉良奈津子』× → ×
  • 『グラメ』○ → ○
  • 『HOPE』× → ×
  • 仰げば尊し』× → ×
  • 『はじめまして、愛してます』○ → ×
  • 『ヤッさん』○ → ×
  • そして誰もいなくなった』無かった → ○(追加)
 
結局、『On』『グラメ』『そして誰もいなくなった』+『トト姉ちゃん』『真田丸』(NHKは引き続き)の5作品を観ている。
 
 
 

3: 時間がなくて仕方がなく諦めた『時をかける少女

 
時をかける少女』は若い俳優さんがたくさん出ていたので見るつもりだったのだけど、2話から観始めた『そして誰もいなくなった』が展開が速くて面白かったので、時間の関係でスイッチしてしまった。
 
テンポが速いドラマは引き込まれてしまうなーと思った。
それにしても、『そして誰もいなくなった』に出演中の二階堂ふみさんは、いろんな雰囲気を出すことができて、すごい俳優さんだなと思った。
 
 

4: 話の展開が面白くなくなってやめた『ヤッさん』

夜中枠は時々、とても面白いので、今回も?と思ったのだけど、7月期はドラマが多かったこともあり、かつ話の展開が読めないなーということでやめた。
 
 

5: 話の展開に無理を感じてやめた『はじめまして、愛しています』

 
尾野さんも江口さんも好きな俳優だけど、テーマの問題か、店舗が遅く、雰囲気が重い。尾野さんに合った役柄だと感じるが、やめた。
 
 
 

6: 視聴が続いている作品について

 
『グラメ』は、内容よりも、エンディング・ソングで主要出演者が振付で踊っているのが好きだ。なんか楽しそう。
 
先日、10年以上振りに友人に誘われてKENTO'Sに行った。
40-50代の男女が昔懐かし的に、生バンドで踊っていた。雰囲気がとても懐かしかったが、わたしは踊るのを遠慮した。
 
『グラメ』エンディングのダンスを2-3、マスターしておけばKENTO'Sなどで重宝するかもしれないなと思った。
 
 
『On』は何だろう、キャストがいいのか脚本がいいのか、その辺りはわからないけれど、なんだかおもしろかった。今週、最終回を迎えた。
終わり方はきれいだった。一点、中島先生の犯罪方法が、突拍子もないことだったので
残念。
 
 
ほなまた!
広告を非表示にする