「ブランド」は行動に落とし込むことで文化にできる可能性がある

今回の内容


[:contents]

***


1:はじめに

 

「ブランド」について、現代では一般的に使われる言葉だけど、明確に定義するのが難しく、十人十色の認識になる言葉のひとつだ。

 

そんなブランドについて、興味深い事があったので、残しておく。

 

 

2: 「ブランド」という言葉のイメージ

 

「ブランド」という言葉について、Wikipediaで調べてみると以下らしい。

 

ブランド(英: brand)とは、ある財・サービスを、他の同カテゴリーの財やサービスと区別するためのあらゆる概念。当該財サービス(それらに関してのあらゆる情報発信点を含む)と消費者の接触点(タッチポイントまたはコンタクトポイント)で接する当該財サービスのあらゆる角度からの情報と、それらを伝達するメディア特性、消費者の経験、意思思想なども加味され、結果として消費者の中で当該財サービスに対して出来上がるイメージ総体。

 

わたしの「ブランド」という言葉へのイメージは「信用」だ。Wikipediaの説明に遠からず、だろうか。

 

例えば、コカ・コーラスーパードライは固有名を聞くだけでどのようなものか想像できる。そして信用できる。

 

最近はひとに対しても

 

「あのひとはブランドを築いたな」

 

などと、「ブランド」を使うことがある。

どれも「信用」が伝わってくる。

 

そして、その「信用」の伝わる範囲が広いほど、

 

「ブランド力がある」

 

といえるのかも知れない。

わたしはそのように思っていた。 

 


3: ブランドを行動まで落とす

 

ところで集団で作業を行う場合、「行動」に焦点を当てるとスムーズに行くことがある。

以前、「行動」に焦点を当てることについては以下のエントリー書いたけれど、「行動」に落とし込むことの意義は、ひとつ。

それは言葉で説明したり、やって見せることができるため、伝え手と聞き手の認識のギャップが生まれにくいことだ。

 

ashian.hatenablog.com

 

 

わたしは昨日初めて認識したのだが、「ブランド」を作る際、それは商品に対してでも、企業イメージに対してでも、もしくは「ひと」に対してでもいいのだけれど、「行動」という手段に、ブランドを落とし込むことができたら、浸透が速い。

 

例えばスターバックスという米国のコーヒーチェーン。スターバックスは従業員のミッションと行動指針を行動で規定している。

 

スターバックスのミッションと価値

 

スターバックスのようなミッションステートメントと、どのようなバリュープロポジションを行うか、ということを行動で定義する行為は、企業活動の中ではブランドマーケティングという分野の役割になるかと思う。

ブランドマーケティングチームの役割は、社外的・社内的に、自社ブランドを浸透させうことが、その役割になる。

社内的には、ブランドを体現するような行動を従業員が普通のこととして行うよう、仕掛けを作る。

社外的には、如何にしてそのブランドをお客様に知ってもらうか、その仕組みを作ることが仕事になる。

 

 

4: ブランドの体現が文化を作る

 

ティッピングポイントを超えて、ブランドを体現するひとが増えてきたら、それは企業文化となる。

ちなみに、企業文化とは、Wikipediaによると以下だ。

 

企業文化(きぎょうぶんか)とは経営学用語の一つ。ある企業が有している独特の価値体系や行動規範のことを言う。

企業文化の現われとなっているものには、その企業の長年の伝統であったり、現時点での経営陣の経営方針などが存在する。

コーポレートアイデンティティはこの企業文化を変化させることを目的として実施されている。これは企業での社員の行動様式にも現れる事柄であり、例えばその企業が減点重視の方針を採っているならばその企業の社員は守りを重視した仕事をするようになり、逆に加点重視の方針を取っているならば社員は積極的に進もうとする傾向が高くなるわけである。

また企業文化というのは外部からその企業を見た場合のイメージに結びつく事柄であるため、社員はそうでない人間が自社を見たならばどのような印象を持つかと言うことも考えておくべき事柄である。

 

ブランドを「行動」に落とし込む、ということが、ブランドを他者に理解させることに役立つ。

企業文化が狙い通り醸成され、社外のひとにまでわかるくらいになれば、大成功だと思う。次は文化の継続・継承が重要なやるべきことになるのだろうか。

そうなると、その組織は人材を吸い寄せる。似たような人材が寄ってきて、組織の硬直化を招くリスクはあるが、優秀なひとが集まってくることも想定される。

 

 

5: 自分ブランド

 

「自分ブランド」作りも同様だ。

わたしの発言、行動がわたし自身のブランドを作りあげている。

 

自分のブランドがどのようなものか、知るのは難しい。ただし、推測する術はある。

それは、自分によって来るひとがどのようなひとか?ということが判断材料になると思われる。

 

一度、周りを見渡すこと。

もし良くないと思う輩や、自身を不快にさせるひとが周りに多ければ、それは「行動・発言」を変えるべきときが来たのかもしれない。

 


ほなまた!

 

 

広告を非表示にする